第4回 プロセス改善特別セミナー

日本発ソフトウェアプロセス改善のすすめ 第2弾

「今こそ改善の原点に帰る −互いに学ぶ参加型フォーラム−」

 ご好評をいただいた前回テーマを継続して、今回は、もう一歩深掘りした内容にすべく、 5人の講師の講演と皆さんとの議論テーマを用意しました。日本は「ものづくり」とその「品質」で発展してきました。 「品質と言えば日本」と誇りに思えた時代からグローバル化、多様化の波に押され品質問題で苦戦している今日、 『欧米発の仕組み(CMMI ® , Automotive SPICE ® , ISO26262等)に右往左往 するだけでなく、今こそ改善の原点に帰り、自信をもってチャレンジし、日本の良さを活かした仕組みを構築して いこうではありませんか・・』『一人で考え悩むのではなく皆で考える・・』。前回、参加できなかった方々も 是非ご参加いただき、皆さんとの議論の中から知見を得ていただくと共に人脈を広げていただきたいと考えております。

主催 プロセス改善フォーラム
富士通クオリティ・ラボ株式会社
株式会社コンピータジャパン
後援 独立行政法人 情報処理推進機構








日程:
2015年11月27日(金) 終了
時間: 13:20〜18:00 (13:00 開場)
場所: 中央区立産業会館 第一集会室 アクセス

東京都中央区東日本橋2−22−4

お問合せ: TEL:03-3516-2232 (コンピータジャパン内プロセス改善フォーラム事務局)

参加費: 5千円 (消費税込み) (セミナー資料を含みます)
定員: 45名
プログラム:


第1部:講演(13:20〜16:20)

堀田勝美: 「モデルから見たプロセスと改善の課題 -日本発プロセス改善のすすめ-」
 プロセス改善がなかなかうまく進まないということをよく耳にします。どうしてうまく回らないのでしょう。これまで経験したCMM, CMMI, ISO15504 等のアセスメントを通じて観察された共通的と思われる弱みを要約し、改善の機会とその対応のポイントを述べます。その上で、改善活動でよく見られる問題点を踏まえつつ、プロセス改善にどのように取り組むべきかを提案し、皆さんと議論したいと思います。
宮崎幸生: 「ソフトウェア工学の成果の上に日本の良さを取り入れよう」
 〜学びて思わざれば則くらし、思いて学ばざれば則あやうし〜

 日本は先進国となった今でも、欧米発の物やサービスをありがたがる傾向があり、CMMIがプロセスモデルだということを忘れ、そのまま実行しようとして挫折する組織があります。一方、CMMIを熟読せずに、米国発というだけで嫌い自己流に固執する人もいます。本講演ではこのような両極端のアプローチではなく、CMMIというソフトウェア工学の成果を十分に理解し、その上に立って自らの文化や環境に合うように工夫するというアプローチを提案します。
伏見 諭: 「ステークホルダとの価値の共有について再考する-アジャイル宣言を叩き台として-」
 ソフトウェア開発の仕事のやり方や、ソフトウェア/システム利用者に対するプロフェッショナルな開発者の職責のあり方はプロセスの品質の問題として議論されます。そこでは「何を良いものとするのか」という価値(観)の共有が基底に無ければならないでしょう。その価値観の在り処についてアジャイル宣言を手掛かりに現状確認を試みます。
(休憩)
古井丸一義: 「人間心理重視のプロセス改善」〜異論から問題を見つめ直す〜
 プロセス改善は長く時間のかかる戦略的な努力であると言われています。プロセス改善の主役はもちろん「人」です。プロセス改善を進める「人」、プロセス改善に関与する「人」、その「人」の心理を理解せずにプロセス改善を進めると回り道を巡る努力をしてしまう場合があります。その結果、長く時間のかかる戦略的な努力であるがゆえに、コスト損失を招くだけでなく、プロセス改善に関わる人々のモチベーション低下を引き起こしかねません。人間心理を理解して回り道をしない施策を皆さんと議論したいと思います。
関 弘充: 「人間重視のプロセス改善−技術性と人間性の融合−」〜ITも心の時代へ〜
 品質問題に苦しむ組織を高品質な組織に成長させ、SI分野で日本初のCMMレベル5を達成してから10年以上が経過しました。その間、「人間重視のプロセス改善」の実践を一貫して推奨してきました。 「人間重視」とは人間の本質に目を向けることであり、言わば「技術性と人間性の融合」であります。企業を支えるのは社員であり、仮に欧米流の過度な合理化で社員が疲弊していては「わくわく」感のある製品やサービスは生まれてきません。正に「ITも心の時代」に突入しているのです。今回は当時を振り返り、何故、「人間重視のプロセス改善」を発想したのかをお伝えし、皆さんと議論したいと思います。

第2部:グループディスカッション (16:30〜18:00)
「どうすればプロセス改善はうまくいくのか」 第一部の講演を受けて、いくつかのグループに分かれて自由な視点で意見を交換します。是非議論したいテーマがあれば、プレゼンテーションの時間(10分程度)を設けますので、お申込み時にお申し出ください。

講師:

堀田勝美 (ほった かつみ) 潟Rンピータジャパン チーフ・コンサルタント  詳細
古井丸一義 (こいまる かずよし) 富士通クオリティ・ラボ シニアストラテジスト  詳細
伏見 諭 (ふしみ さとし) 合同会社ソフデラ 代表社員  詳細
宮崎幸生 (みやざき ゆきお) プロセス&メジャメント 代表  詳細
関 弘充 (せき ひろみつ) ヒューマン&クオリティ・ラボ 代表  詳細

備考:
お申込み受付は、開催日前々日(2営業日前)18:00が締切りとなります。 
但し、定員に達した時点で受付を終了させていただきますので、あらかじめご了承下さい。
また、お申込み受付後のキャンセルは原則お受けできませんので、その際は、代理の方のご出席をお願いいたします。
※※ 参加費は当日現金にてお受けいたします。 領収書を発行いたします。