Automotive SPICE v3.0の発行について

欧州の自動車OEMが供給者に求めているAutomotive SPICEアセスメントですが、アセスメントに用いるアセスメントモデルの最新版、Automotive SPICE PAM v3.0が発行されました。欧州自動車工業会であるVDAは、約1年後の移行完了を目指しています。 新しいモデルは、http://www.automotivespice.comからフリーダウンロードできます。 発行のアナウンスメント資料の要約版をコンピータジャパンのWeb (http://www.compita-japan.com/pdf/ASv3.0_transition.pdf)に掲載していますので、併せてご参考にしてください。

avatar

堀田 勝美 について

ほった かつみ
㈱コンピータジャパン チーフ・コンサルタント
CMMI®/ISO15504・Automotive SPICE® リードアセッサ
(PPA Reg No.0008, intacs-8161-0800-20157-03)
■NTTにて交換機ソフトウェア、ビジネスアプリケーションの開発、支援環境構築、標準化、品質管理等に長年従事。特に後半の多くは標準化の一環として、CMM、ISO 9001、ISO/IEC 15504などのモデルを参考にしたアセスメント、プロセス改善活動の導入に精力を注いだ。また、業務の一部として、ISO9001ソフトウェア分野の認定審査業務に従事した。 2003年よりコンピータジャパンに勤務、2004年~2007年 工学院大学CPDセンター客員教授を兼務、2001年度 情報サービス産業協会 協会表彰受賞(SPI)。 ISO/IEC 15504 ソフトウェアプロセスアセスメント 国際標準化委員会 エキスパート。
■主な論文/書籍:
-「ソフトウェアプロセスアセスメント手法の評価」、堀田勝美他、情処研報、Vol.92 No.88-4, 1992
-「分散ソフトウェア開発」(共著、共立出版、1996)、
-「ソフトウェアISO9000」(共著、日科技連出版、1996)、
-「ソフトウェア 品質システム要求事項の解説」(共著、日科技連出版、1998)、
-「共通フレーム98 SLCP-JCF98」(共著、通産資料調査会、1998)、
-「チームソフトウェア開発ガイド~Team Software Processによる開発のすべて~」(監訳、コンピュータ・エージ社、2002)、
-「ソフトウェアプロセス改善と組織学習」(大場 充、堀田 勝美、松瀬 健司著、ソフトウェアリサーチセンタ、2003)、
-「人間重視の品質マネージメント ソフトウェア品質保証システムの構築と実践」(堀田 勝美、関 弘充、宮崎 幸生著、ソフトウェアリサーチセンタ、2008)
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す