アセッサへのステップ



プロセスプロフェッショナルアセスメント手法では、資格付けは次に示す4段階からなります。

・プロビジョナルアセッサ
・有資格アセッサ
・プロビジョナルリードアセッサ
・有資格リードアセッサ

ここで、アセッサは、アセスメントでプロセスを評価する役割を持ち、リードアセッサはアセスメントを管理する役割を持ちます。リードアセッサは同時にアセッサ資格を有していなければなりません。

アセッサ資格はモデル毎(CMMI®またはISO33k・Automotive SPICE® )の資格になります。希望するモデルの基礎コース、アセッサコースの受講が必要です。
これに対して、リードアセッサ資格はモデル共通の資格であり、どのモデルにも有効です。

ステップアップは以下のフローによります。


Action1:
CMMI/ISO33k・Automotive SPICE
基礎コースの修了
Action2:
CMMI/ISO33k・Automotive SPICE
アセッサコースの修了
プロビジョナルアセッサ(アプレイザ)
2年以内
Action3:
リードアセッサ監督の下、2回以上、
50時間以上のアセスメント(注1)に参加し、
リードアセッサの推薦を得る。

有資格のアセッサ(アプレイザ)
Action4:
リードアセッサコースの修了(注2)
プロビジョナルリードアセッサ(アプレイザ)
2年以内
Action5:
リードアセッサ監督の下、Action3の経験も含めて、3回以上、100時間以上のアセスメント(注3)に参加し、リードアセッサの推薦を得る。
有資格のリードアセッサ(アプレイザ)
注1)
クラスAまたはクラスBのアセスメントであることが必要です。
注2)
Action2の後であることは必要ですが、必ずしもaction3の後である必要はありません。
注3)
リードアセッサ資格の推薦のためには、クラスAのアセスメントでリードの役割を担うことが必要です。
アセスメント時間には、アセスメント計画策定、報告書作成等の時間を含みます。

®Capability Maturity ModelCMM CMMI は、カーネギーメロン大学によって米国特許商標庁に登録されています。

 SMCMM IntegrationSCAMPISEISEPGは、カーネギーメロン大学の商標です。

®Automotive SPICEは、Verband der Automobilindustrie e.V (VDA)の登録商標です。