サービスのためのCMMI基礎コース



概要: アセスメントやプロセス改善を実施していく基礎として、CMMI®-SVCの概念、構造、プロセス能力と成熟度、24個ある各プロセス領域の内容、解釈、利用方法を、演習を交えて学びます。本コースは、オリジナルのコース教材とあわせて、「サービスのためのCMMI® V1.3テクニカルレポート」を補助教材として、本分野に精通し認定されたインストラクターにより行われます。また、受講者数は12名限定です。
本コース修了者は英国コンピータに登録され、PPAアセッサ資格への道が開かれます。資格取得には「アセッサへのステップ」をご覧ください。)
勿論、本コースはアセッサを目指す方ばかりでなく、改善推進者やプロジェクトマネージャの方にも役立つ内容です。

コースは英語で行われますが、ベテランの通訳がつき、主要な教材も翻訳(日英併記)されていますので、言葉の問題はありません。
期間:
3日間
時間: 8:45 開場
9:00〜18:00
最終日は9:00〜17:00(予定)
場所: 御社オフィス
又は、コンピータジャパン セミナールーム
アクセス
東京都中央区日本橋本町1-3-1 渡辺ビル 2階
TEL:03-3516-2232
参加費: お問合せください。
定員: 12名 (最少開催人数 5名)
講師:
コンピータ認定トレーナー(コンピータジャパンまたはコンピータUK)
詳細内容: CMMI入門CMMI-SVC 基礎
備考: ※1. 本コースは、CMMIの開発元であるSEIの特別な許可のもとにコンピータで作成されたものです。
※2. 只今本コースはオンサイトコースのみ承っております。ご了承のほどお願いいたします。



















サイドメニュー

サイドメニュー

PPA Register

CMMI, ISO33kリポジトリ

画面下の"Language"で日本語表示

コンピータの沿革
コンピータは、品質改善の専門家集団として1991年に英国で設立されました。プロセス能力評価手法や改善手法の開発、SW-CMM®、CMMI®をはじめとする各種ベストプラクティスモデルへの取り組みを進め、SPICE (ISO/IEC 15504)プロジェクトでは、英国国防総省、米国SEIとともに標準化のリーダシップをとりました。
それらを通じて培われたPPAアセスメント手法は、ISO/IEC 15504/33000シリーズおよびSEIのARCに完全に準拠した公式手法です。
コンピータは、ベストプラクティスモデルの研修、資格認定、アセスメント、コンサルティングを通じて、皆様の持続可能で真に効果的なプロセスの改善をご支援いたします。